SEO

GoogleアナリティクスのUAとGA4|GA4を設定する方法と2つの違いをかんたんに解説

2023年7月1日よりGoogleアナリティクスが以下のように変更になります。

 

ユニバーサルアナリティクス(UA) → 使用できない

Googleアナリティクス4(GA4) → 使用できる

→ 終了について(公式)

 

この記事ではGoogleアナリティクスのUAとGA4の違いとGA4を設定する方法をかんたんに解説します。

こんな方に向けて書いています。

・ 今後ユニバーサルアナリティクス(UA)が終了する前にGoogleアナリティクス4(GA4)への設定をしておきたい。

私も現在はユニバーサルアナリティクス(UA)を中心に使っています。

しかし終了してしまうので仕方なくGoogleアナリティクス4(GA4)の設定方法をしらべてみました。

・ 2023年の7月から使えないユニバーサルアナリティクス(UA)と同じことが出来るのか?

今でも不自由がなく、操作方法も覚えたのに使えなくなるなんて・・・

でも同じことが出来るなら切り替えてもいいかなって思いますよね。

こちらの記事で図解にて1から順に行えば簡単に設定することができますので最後までお読みください。

また、Googleアナリティクス4(GA4)とユニバーサルアナリティクス(UA)の違いも簡単に説明しています

それでは参りましょう!

 

気になるUAからGA4への流れ

これから説明する方法は、ユニバーサルアナリティクス(UA)を使いつつGoogleアナリティクス4(GA4)を設定する流れとなります。

 

新しい Googleアナリティクス4(GA4)プロパティを作成します。

① Google アナリティクスで、左下の 設定 [管理] をクリックします。

② [アカウント] 列で、目的のアカウントが選択されていることを確認します。

③ [プロパティ] 列で、[GA4 設定アシスタント]([プロパティ] 列の最初のオプション)をクリックします。

④ 「新しいGoogleアナリティクス4プロパティを作成する」の「はじめに」をクリックします。

⑤ ポップアップで表示されたウインドウの「プロパティを作成」をクリックします。

⑥ Googleアナリティクス4プロパティの設定アシスタントが「接続済み」になります。

⑦ 続いて「GA4プロパティを確認」をクリックします。

⑧ 開いた画面の「タグの設定」の右にある「>」をクリックします。

⑨ データーストリームが表示されるので右にある「>」をクリックします。

⑩ テーマによって設定が違いますので「設定ID」をコピーしてテーマの設定へ貼り付ける場合。

⑪ もしくは「タグ設定手順」の下にある「∨」をクリックしてコードを表示させます。

⑫ コードをコピーしてサイトのヘッダーに貼り付けます。

⑬ これで30分ほどすればGA4で計測がスタートします。

 

UAとGA4は両方とも併用することができる

2023年7月1日よりユニバーサルアナリティクス(UA)は使用できなくなります。

しかし両方のタグを入れる事で併用する事も可能です。

今のうちにGoogleアナリティクス4(GA4)でデーターを取って切り替わった時点では1年分のデータを保存しておくと良いかと思います。

変更になってすぐにユニバーサルアナリティクス(UA)のデータで見る事は可能ですが、Googleアナリティクス4(GA4)と併用しておくことでどちらでも過去のデータが確認できるようになるのでオススメです。

たとえば、2023年7月1日にGoogleアナリティクス4(GA4)へ移動したとるすと、Googleアナリティクス4(GA4)のデータは真っ白状態からスタートします。

もちろんデータ移管方法もありますが、初心者には敷居が高いためオススメできません。正直わたしも難しく断念しました。

 

GoogleアナリティクスGA4とUAの違い

大まかに見て、以下の2点がユニバーサルアナリティクス(UA)とGoogleアナリティクス4(GA4)の違いになります。

別々のデバイスでも同一人物として記録されることになりました。

サイトとアプリを行き来するユーザー ジャーニーを包括的に把握できるほか、Google の機械学習テクノロジーを使って新たなインサイトを浮き彫りにしたり、予測したりすることができます。そして何より、Google アナリティクス 4 は変わり続けるエコシステムに後れを取らずについていけるように構築されています。

(出典:Google マーケティング プラットフォーム 日本版 公式ブログ: Google アナリティクス 4 でこれからに備えましょう)

今の時代、さまざまなデバイスでサイトを見る事ができるようになっています。

そのため、ユニバーサルアナリティクス(UA)が今までブラウザー単位で計測していたデータを、Googleアナリティクス4(GA4)ではデバイス単位(媒体別)で計測する事により正確なユーザーの調査を行うことが出来るようになります。

たとえば、あなたの家のパソコンで「まんがネタバレサイト」を見た時に、急にトイレに行きたくなってスマホで改めてサイトを表示させた場合のカウントは「1」となります。(今までは「2」)

 

サーチコンソールとの連携が出来ない

ユニバーサルアナリティクス(UA)にはできましたがGoogleアナリティクス4(GA4)ではできません。サーチコンソールを使用しましょう。

 

まとめ

いかがでしょうか。

設定方法は多少違いはあるかもしれませんが、だいだい同じように設定すればGoogleアナリティクス4(GA4)を始める事ができます。

先ほども言いましたが、今のうちに設定してユニバーサルアナリティクス(UA)が使用できなくなる前にGoogleアナリティクス4(GA4)で計測しておくと移管がスムーズに行えますし、少しずつ操作にもなれていくと思います。

今のうちに設定しておきましょう。

このホームページではアフィリエイトやワードプレスについての情報をお届けしています。

よければ他の記事も読んでみてくださいね。

→ ホームへ戻る

\ 評価おねがいします /

  いいね↓   ↓いまいち

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hikey

このサイトでは50歳にして会社を辞め個人事業主として独立していくまでの過程をブログにて紹介していきます。基本はアフィリエイトに関する記事を掲載しますが、ワードプレスに関する記事も載せていきます。情報商材を購入しての感想なんかも書いていきます。

-SEO