SEO

直帰率の定義とは?間違った認識でサイトを運営していませんか?

こんにちは。hikeyです。

今回は「直帰率の定義とは?間違った認識でサイトを運営していませんか?」についてご紹介していきます。

あなはたは直帰率って以下のように定義していませんか?

  • サイトに訪問したユーザーが、すぐにページを移動してしまった割合
  • サイトに滞在した時間が、どのくらい長いかで評価される
  • ページごとの直帰率が低いのは前のページとの関連性が低いからだ

わたしもGoogleアナリティクスを見始めてから、同じような事を考えていました。

しかし、この定義は間違っていたことに気づいたんです。

順に解説していきますので、最後までお読みくださいね。

 

正しい直帰率の定義とは?

Googleアナリティクスの直帰率は、簡単に言うと

「ユーザーが最初のページを見て帰ってしまった数」

で計算されます。

Googleは次のように定義しています。

直帰とは、サイト内の 1 ページしか閲覧されなかったセッションのことです。Google アナリティクスの場合、Google アナリティクス サーバーに対するリクエストを 1 回だけ発生させたセッションを特に区別して直帰として扱います。たとえば、ユーザーがサイト内のページを開いた後で、そのセッション中に Google アナリティクス サーバーに対する他のリクエストを発生させずに離脱した場合、このセッションは直帰のセッションになります。

噛み砕いて言うと

  • あなたのサイトに来たユーザーが1ページしか見なくて帰っちゃったよ
  • Googleアナリティクスは1回の確認しかしてないよ
  • あなたの他のページには見に行ってないから直帰したよ

ということです。

では、直帰率の計算方法ってどうなっているのでしょうか?

 

直帰率の計算方法は?

Googleアナリティクスの定義では、こうなっています。

直帰率とは、1 ページのみのセッション数をすべてのセッション数で割った値のことです。つまり、すべてのセッションの中で、ユーザーが 1 ページのみ閲覧して、Google アナリティクス サーバーに対するリクエストを 1 回のみ発生させたセッションが占める割合のことです。

噛み砕いて言うと

  • 1ページしか見なかった数を見に来た回数で割る
  • 1回しか見なかった事の占める割合

直帰率 = ユーザーが1回しか見ていない回数 ÷ ユーザーが1回も2回以上も見た回数

となります。

では見ている時間の平均はどうやってやっているのでしょうか?

 

平均セッション継続時間

この平均セッション継続時間は、エンゲージメントヒットによって変わります

Googleではエンゲージメントヒットについて以下のようになっています。

エンゲージメント ヒットとは、opt_noninteraction パラメータが適用されていないイベントに起因するヒットのことを指します。たとえばイベント トラッキングを設定して動画の再生などのイベントをトラッキングしている場合は、それぞれの動画再生がエンゲージメント ヒットとなります。opt_nonInteraction パラメータを適用しているイベントは、エンゲージメント ヒットにはなりません。詳細

訳が分かりませんね(笑)

簡単に言うと、動画などがブログに掲載されている場合、その動画を見たのかどうかを計測するのが「イベントトラッキング」です。

方法は割愛しますね。

そのイベントトラッキングで直帰率に影響しないようにするコードも記述できるんです。

そのコードを記述していないものが、「エンゲージメントヒット」となります。

「エンゲージメントヒット」として計測しているか、していないかで直帰率が変わるという事ですね。

ここでは、エンゲージメントヒットは考えない事として説明します。

 

時間の計測

セッション時間とは

ユーザーが最初のページを見た時間 - 最後のページを開いた時間

です。

例として

10人が

Aというページを見た・・・10時

Bというページに移動した・・・10時15分

Cというページに移動した・・・10時30分

画面を閉じた・・・10時45分

とすると10時~10時30分までが計測されて

1800秒(30分)がセッション時間となります。

こちらをユーザーの訪問回数で割ったもの

1800秒 ÷ 10人 =180秒

180秒が平均セッション継続時間になります。

 

いろんな直帰率の見方

サイト全体の直帰率を見る方法

「ユーザー」→「概要」

チャネル別の直帰率を見る方法

チャネル(Google検索、SNSなど)別で確認できます。

「集客」→「概要」

各ページごとの直帰率を見る方法

「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」

あとがき

いかがでしょうか?

直帰率はSEOにも関係するサイト運営には欠かせない要素となっています。

特に訪問数の多いページは真っ先に改善したほうが良いですね。

改善するには、次のページへのリンクが重要になります。

例えばダイエットサプリのページの最後に

「サプリの効果を上げるエクササイズ」

なんてリンクがあったらクリックしそうですよね。

 

あなたも次のページへ行くリンクを設置しましょう!

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

このホームページではアフィリエイトやワードプレスについての情報をお届けしています。

よければ他の記事も読んでみてくださいね。

→ ホームへ戻る

\ 評価おねがいします /

  いいね↓   ↓いまいち

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hikey

このサイトでは50歳にして会社を辞め個人事業主として独立していくまでの過程をブログにて紹介していきます。基本はアフィリエイトに関する記事を掲載しますが、ワードプレスに関する記事も載せていきます。情報商材を購入しての感想なんかも書いていきます。

-SEO